HOME > マイ・ターニングポイント > デザインについて

マイ・ターニングポイント

デザインについて

2014.10.20 | アートディレクター近藤

マレーシアの紅茶のパッケージ。

思い浮かぶのは、南の青い海をのびのび泳ぐ色鮮やかな熱帯魚、 太陽の光を浴びて生命力に満ちあふれた熱帯の植物たち。

色鮮やかで大胆な配色だと思う。
日本で紅茶のパッケージにこの配色はまずないだろう。
所変わればデザインも変わる。
そして、突き詰めていくと国や民族というだけでなく個人単位で その人にあったデザインというものが存在するということになるのだろう。

市場調査をし、精査し、理論を立てデザインする。 これは、クライアントに理解を得るだけではなく、 消費者にとって本当に必要としているものに応えるということに繋がる。

デザインすることの大切さと難しさを改めて感じている。
今が自分自身のターニングポイントかもしれない。

HOME > マイ・ターニングポイント > デザインについて

マイ・ターニングポイント

新着記事
月別アーカイブ

Return to page top