HOME > 事業案内 > 事業領域

事業領域

クライアントの真の課題は、顕在化したものから、まだ潜在的なレベルのものまで様々です。
単に広告を打ちたい、イベントをやりたいというご相談だけでは、的確なご提案は出来ません。
なぜなら、そもそも、その施策の成果、ファンクションとして何を獲得したいのか明確に理解していなければ、
それを実現するためのベストな提案など不可能だからです。
私たちダイワは、お客様の真の課題をつかみ、それを解決するための様々なサービスやコミュニケーション施策を
提供することを自社の事業領域として定義しています。

事業領域 戦略ソリューション エリア・マーケティング コミュニケーション プロモーション クリエイティブ メディアプランニング ソーシャル・ソリューション

戦略ソリューション

企業の経営戦略にかかわるコンサルティングやソリューション。

強いブランドを作る。[ブランド・コンサルティング]

企業にとってブランドは、競争優位や長期的な収益の基礎になる重要な資産となります。当社では、クライアントのブランド戦略の立案からコミュニケーションの実施まで、一貫した「ワンストップ・ブランディング」を提供しています。消費者データやツールを駆使して、市場環境やターゲット分析を行った上で、最適なソリューションをお届けします。

優良顧客として囲い込む。[CRMコンサルティング]

CRM(Customer Relationship Management)とは、顧客関係管理のことです。顧客との良好な関係を構築することで、クライアントの収益性の強化・安定に貢献します。当社が生活者の心を捉えるメッセージをのせたCRMを設計し、運用することで、優良顧客の囲い込みのお手伝いをさせていただきます。

企業独自性を鮮明に打ち出す。[企業アイデンティティ(CI、VI)]

CI(Corporate Identity)とは、企業のもつ特性を、内部的に再認識・再構築し、外部にその特性を明確に打ち出し、認識させることです。クライアントの名称、企業理念、スローガン、広告物等のデザインなどに一貫したメッセージを組み込むことで、組織の意識統一が図られるとともに、企業の独自の価値をより効果的に発信する仕組みが構築できます。

Return to page top

エリア・マーケティング

地域の独自性を活かした当社独自のプランニングを提案します。

地域の特性を活かす。[エリア・マーケティング]

消費の多様化・個性化に加え、市場縮小の時代にあっては、全国一律の大雑把な売り方では、顧客の支持は得られません。エリア・マーケティングでは、地域の持つ独自性、異質性を見極め、営業活動の個別化の実現を図ります。それにより、顧客との取引関係を深め、顧客ロイヤリティを高め、固定客化することで、売上高や市場シェアの向上を図ります。地域を熟知した当社独自の分析や経験による地域特性に対応したプランニングをご提案させていただきます。

Return to page top

コミュニケーション

生活者の嗜好や取り巻く状況を把握し、コミュニケーションのプロセスや機会、手段を設計します。

消費者のハートをつかむ。[コミュニケーション・デザイン]

近年、広告によるコミュニケーション活動の在り方が大きく変化しています。生活者のもとには処理しきれないほど膨大な量の情報が届けられ、これまでのように一方通行の情報発信ではターゲットの心 を動かすことは出来ません。当社はクライアントと生活者の架け橋となり、正しくメッセージを伝達するために、最適なコミュニケーション環境をデザイン(設計)する方法をご提案します。

ターゲットを動かす「シナリオ」づくり。[クロスメディア・コミュニケーション]

これまで「メディア・ミックス」という呼び方で、新聞や折込チラシ、テレビCMなどを組み合わせたプロモーションが行われてきました。しかし、世の中の情報量は日々増加しており、生活者にとって情報過剰時代となっています。そのため、コンタクトポイントを的確に絞り込み、情報をセグメントすることで、ターゲットをゴールへと誘導するための「シナリオ」を明確に描くことが重要となっています。

消費者を知る。[コンシューマー・インサイト]

「コンシューマー・インサイト」とは、消費者の本音を洞察することです。これまでの消費行動の分析は主にPOSデータ等を用いた「目に見える」購買行動の分析が中心でした。しかし、実際には計画購買なのか衝動買いなのか、また購入前後の情報収集・発信はどのように行っているのかといった、「目に見えない」部分の消費者心理が重要となってきました。当社は、行動の原理や背景にある意識構造を検証し、購買行動の核心を把握した上で、コミュニケーションを設計しています。

Return to page top

プロモーション

広告だけでなくICTや店頭でのコミュニケーションの知識やノウハウを有しています。

ネット・モバイルで消費者の「アクション」を促す。[ICT(Information and Communication Technology)コミュニケーション]

スマートフォンの普及やSNSの浸透により、コミュニケーションのデジタル化が進行しています。利便性や双方向性によって、生活者の購買行動に大きな影響力を持ち、企業のプロモーション活動においても非常に重要となっています。当社はICTの領域においても、常に試行錯誤を繰り返して、ICTプロモーションによる精度を高めるように取り組んでいます。

店頭で消費者を惹きつける。[ショッパー・マーケティング]

消費者の価値観や行動心理を洞察する「コンシューマー・インサイト」も重要ですが、最終的な購買に導くためには、来店されたお客様の購買行動や意識動向を探る「ショッパー・インサイト」も重要になります。リーセンシー効果だけでなく、お客様が売場に興味・関心を抱き、売場を回遊して商品を選んで、理解して購入するシーンを想定した視覚的演出を行うVMD(Visual Marchandising)の考え方も必要です。当社は売り場における買い物客の視点で「売れない理由」を解明し、コミュニケーション視点で売れる仕組みやメッセージ、コンテンツを構築します。

Return to page top

クリエイティブ

アクションを引き起こす、最適なデザイン表現やコンテンツを提案します。

消費者を気づかせる。[クリエイティブ]

新聞やチラシ、テレビ、看板など様々な企業の広告があふれる中で、ターゲットに注目され、好印象を残すためには、やはりクリエイティブ力が重要なファクターとなります。クライアントの伝えたいメッセージと消費者が受け取りたい情報のギャップを埋め、コミュニケーション・プランニングの一部として機能させるための的確な表現を行う必要があります。そのため当社は、クライアントの求めるファンクションを理解し、目的意識を持って、消費者に気づきを与えるクリエイティブをご提案します。

Return to page top

メディア・プランニング

地域特性を熟知した立場からメディアを見つめ直し、最善のメディアプランを提案します。

情報を効率良く消費者に伝える。[メディア・プランニング]

新聞、テレビ、フリーペーパー、看板、ネット広告などメディアと呼ばれるものは多種多様に存在します。クライアントの意向、ターゲットのインサイト、市場環境などを加味した上で、どのようなルートや接触ポイントでどの情報を生活者に届けるのがベストかを検討する必要があります。当社では、メディア戦略の策定から実際のバイイングや企画の立案まで、購入に至るまでのストーリーをベースに地域の特性を熟知した質の高いメディア・プランニングサービスを提供しています。

Return to page top

ソーシャル・ソリューション

ソーシャルテーマを発掘し、その解決に向けた最適なソリューションを提供します。

企業の価値を向上する。[CSRコンサルティング]

「企業の社会的責任」と訳されるCSR(Corporate Social Responsibility)は、企業が自らの永続性を実現し、持続可能な未来を地域社会とともに築くための思想や活動のことです。社会と対立して暴利をむさぼるような企業は市場から排除されるようになりました。いま求められているのは、ただ利益ばかりを追求するのではなく、社会の責任ある一員として行動する企業です。地域社会から愛される企業として、地域社会とともに発展・成長していくためのソリューションが求められています。

地域を活性化する。[エリア・ブランディング]

当社も社会の一員であることを自覚し、商店街の賑わい創出や地域資源の全国発信などを通して、地域経済の活性化に貢献していきたいと考えています。またクライアントの発展なくして、自社の成長はあり得ません。地域ネットワークの活用や企業マッチングなどローカルだからこそ出来る「強み」を活かし、地域・クライアントの課題解決のため、当社独自のご提案をします。

HOME > 事業案内 > 事業領域


Return to page top